社長あいさつ

オーム乳業は、1934年地元の大牟田市(福岡県)や荒尾市(熊本県)の酪農家が出資し「大牟田牛乳」として創業しました。

工場は酪農家の方々が多く営んでいる近くに位置しているため新鮮なうちに生乳を処理することが可能です。近隣酪農家の生乳にこだわり九州産の新鮮な生乳を中心原料に据え、牛乳やクリームやチーズ等の乳製品を生産しています。生産システムも新鮮な生乳を活かすための分離・乳化・発酵といった生産技術や生産管理でおいしさを追及しています。

2012年には不二製油グループの一員となり価値観を共有するとともに、おいしさに機能性を加えた新しい価値を追及しています。

私共は、創業以来の「乳を通しておいしさと健康に貢献する」ことを使命とし、地域の生乳を活かした特徴ある乳製品創り、お客様商品の価値造りに貢献し、お取引先様、酪農家様から信頼される企業となるよう努めてまいります。

代表取締役社長 清木場 広光